久米島に持ち込めない植物があります

公開日 2022年04月20日

更新日 2022年04月20日

サツマイモ等は持込禁止

沖縄県から持ち出せない植物、久米島に持ち込めない植物があることを知っていますか?
久米島から根絶されたアリモドキゾウムシの侵入を防ぐために、サツマイモ等は久米島への持ち込みができません。また、沖縄県等に発生している病害虫のまん延を防止するため、県外へ持ち出せない植物があります。みなさまのご協力をよろしくお願いします。

沖縄県から持ち出せない植物

沖縄県をはじめ南西諸島には、サツマイモ、ヨウサイ、カンキツ類の苗木などの農作物に甚大な被害を与えるアリモドキゾウムシ、イモゾウムシ、カンキツグリーニング病菌などの病害虫が発生しております。これらの病害虫のまん延を防止するため、植物防疫法により県外への持ち出しが規制されています。

県外への持ち出し禁止

久米島に持ち込めない植物

平成25年4月にアリモドキゾウムシが久米島から根絶され、再侵入防止のためサツマイモ等は島への持ち込みが規制されています。
※令和3年4月28日、津堅島でもアリモドキゾウムシが根絶されました。

久米島への持ち込み禁止

関連リンク

植物検疫所「植物等の移動規制について」

ダウンロード

ポスター[PDF:536KB]

リーフレット[PDF:473KB]


植物防疫法に基づく植物等の移動規制に関する令和4年度第1回広報強化週間
令和4年4月18日~4月22日

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード