国民健康保険

国民健康保険被保険者証(保険証)の一斉更新について

国民健康保険被保険者証(保険証)の一斉更新を行います。
有効期限は平成27年3月31日までとなっております。

高額療養費が変わります!

平成27年1月から、70歳未満の方の高額療養費の自己負担額が変更になります。
これにより、今までよりも所得要件が細かくなり、加入者の所得に応じて柔軟な医療費の負担軽減が行われるようになります。
なお、70歳以上の方の自己負担限度額に変更はありません。

11月は国保事業安定化推進月間です!

国保事業の安定化を図る目的で県、市町村、連合会からなる「国保事業安定化推進運動実行委員会」を設置し、毎年11月を「国保事業安定化推進運動月間」と定め、様々な取り組みを行っています。

国保の『限度額適用認定証』の更新について

国保の『限度額適用認定証』・『限度額適用・標準負担額減額認定証』の更新をしましょう。

高齢受給者証の負担割合について

平成26年4月から、あらたに70歳になる人は窓口負担が2割に変更になります。(所得区分が現役並み所得者は3 割)ただし、すでに70歳になっている人の窓口負担は2割に変更になる予定でしたが、引き続き1割に据え置かれます。

健康保険証の個人カード化について

平成26年度より国民健康保険証・高齢受給者証・特定健診受診券が「ひとつ」になります。
これまでは原則として1世帯に1枚の保険証を交付していましたが、平成26年4月より家族一人一人に1枚のカード型の保険証になります。

一部負担金の減免制度(国民健康保険)の制定について

久米島町の国民健康保険において、平成25年4月1日より『久米島町国民健康保険一部負担金の減免及び徴収猶予に関する取扱要綱』が制定されました。

国民健康保険からのお知らせ

国保加入・喪失手続きは必ず申請が必要です。国保加入手続きが遅れると、被保険者証の交付ができないため、保険医療機関で受診する際に健康保険が使えなくなってしまいます。

国保の加入・喪失について

久米島町に住所登録をしている方で、職場の健康保険に加入しているか、生活保護を受けている方以外はすべて国民健康保険へ加入しなければなりません。

国保の給付について

国保では、療養の給付、療養費、高額医療費等、様々な条件に合わせて給付が受けられます。ただし、保険税の滞納がある場合は、給付が受けられない場合があります。

お問合わせ窓口