風しんにご注意ください

公開日 2018年10月18日

更新日 2018年10月18日

風しんにご注意ください

現在、関東地方を中心に風しんが流行しており、10月に入り沖縄県内でも風しん患者が発生しました。今後、県内でも患者が増加する可能性があります。

風しんとは

主な症状

発熱、発疹、リンパ節の腫れ。通常は数日で回復しますが、まれに高熱が続いたり肺炎をきたす事があります。

原因・治療

風しんウイルスによる感染症で、特別な治療はありません。

感染経路

患者の咳やくしゃみによる飛沫感染ですが感染力はインフルエンザの3~4倍です。

風しんについて(厚生労働省)

 

妊婦や妊娠の可能性のある方へ

妊婦が特に妊娠初期に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」を発症する可能性があります。三大症候は、難聴、先天性心疾患、白内障です。

※妊婦は予防接種が受けられません。なるべく人混みを避けましょう。

妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族へ(厚生労働省)

対策

  1. 最も効果的な予防方法は、予防接種です。麻しん・風しん(MR)定期予防接種対象の方は確実に受けるようにしましょう。
  2. 妊娠を希望される方や妊婦の同居者(夫、子どもなど)は、かかりつけ医に相談し、抗体検査や予防接種を受けることについて積極的にご検討ください。
  3. 30代から50代の男性は、風しんの免疫が不十分な世代と言われています。予防接種について積極的にご検討ください。
  4. 外出後の手洗い、うがい、咳エチケット等に気をつけましょう。

麻しん・風しん予防ワクチン(MR)の定期予防接種について

対象年齢のお子さんは接種費用無料で受けられます。Ⅰ期とⅡ期の2回接種してください。

Ⅰ期

1歳

Ⅱ期

小学校就学前の1年間(幼稚園生の児)


関連リンク

  ※啓発ポスター・リーフレット、動画などのデータなども掲載されています。

お問合わせ

福祉課
TEL:098-985-7124
FAX:098-985-7120

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード