難病患者等渡航費助成について

公開日 2017年10月16日

更新日 2018年05月16日

難病患者等渡航費助成制度とは?

小児慢性特定疾病患者、難病特定疾患患者、ガン患者等に対して治療を要する為に係る渡航費の一部助成を行う制度です。

助成を受けることができる対象者

  • 特定疾患治療研究事業で沖縄県知事の発行する受給者証の交付を受けている者
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業で沖縄県知事の発行する受給者証の交付を受けている者
  • 悪性新生物(ガン)に罹患している者であり、かつ、本町以外の医療機関での通院治療が必要と医療機関の主治医が認めた者
  • 本町において治療ができず、島外の専門の医療機関での治療を必要とする児童で町長が特に必要と認めた者
    ※付添が必要な場合はその方についても同様に助成対象となります。

助成金の額

  • 付添人が必要の場合・・・・・往復1万5千円を上限とする
  • 付添人が必要ない場合・・・往復1万円を上限とする
    ただし、対象者が1歳から3歳未満の場合、航空賃がかからない為、往復1万円を上限とする。

※一人につき各年度5回までとする。

申請の方法

医療機関を受診した後、下記の必要書類を添えて福祉課へ提出してください。

  • 助成金申請書
  • 医師の意見書 ※様式は事前に福祉課窓口でお受け取りください。
  • (小児慢性)(難病患者)特定疾患受給者証の写し ※小児慢性、指定難病患者のみ
  • 搭乗券、交通費及び宿泊費等の領収書
  • 受診した医療機関の領収書  

 

助成の対象は診療の日から6カ月以内ですのでご注意ください。

申請は年度末までに確実に行いましょう!!

さかのぼっての助成はできません。申請書提出後の渡航費から助成対象となります。

お問い合わせ

福祉課
住所:〒901-3193 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地 (仲里庁舎 1階)
TEL:098-985-7124
FAX:098-985-7120