久米島現代版組踊「笠末若茶良」久米島公演(平成29年9月30日)

公開日 2017年08月30日

更新日 2017年08月30日

中高生たちによる、島の心を伝える渾身の舞台

笠松若茶良ポスター

久米島の中高生が演舞する久米島現代版組踊「月光の按司 笠末若茶良(がさしわかちゃら)」は、学生たちのひたむきな演技と躍動感あふれる演技が魂を揺さぶり、観る人の心を掴む。
現代版組踊とは、沖縄に古くから伝わる古典芸能「組踊」をベースに琉舞、エイサー、空手、獅子舞、棒術といった沖縄各地の民俗芸能の要素も加え、現代音楽やダンスをミックスした古くて新しい総合舞台。

日時

平成29年9月30日(土曜日)
昼の部 14:00開場 14:30開演
夜の部 17:00開場 17:30開演

場所

具志川改善センター

定員

昼の部 400名
夜の部 400名

入場料

無料 ※入場整理券が必要です。

整理券配布場所

仲里庁舎(総務課)、具志川庁舎(教育課) 定員400名
(9月11日より配布開始)

お問い合わせ

教育課
住所:〒901-3192 沖縄県島尻郡久米島町字仲泊699番地 (具志川庁舎)
TEL:098-985-2287
FAX:098-985-2856