がん検診キャンペーン(10月)

公開日 2017年09月25日

更新日 2017年09月29日

10月は「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」

がん検診キャンペーン

「乳がん検診」について

乳がんにかかる日本人女性は、年々増えており、沖縄県は全国ワースト2位となり、女性のがんの中では、最も発症率が高いがんとなりました。
罹患率も今や16人に1人が乳がんになる時代で、その数は年々増えています。しかし、マンモグラフィーの普及により早期発見することで、初期のがんでは90%以上の治癒が可能になりました。日本では40代が、最も乳がんにかかりやすいため、40歳になったら症状のないうちから検診をうけましょう

「子宮頸がん検診」について

子宮頸がんの発生率は、この20年間で、中高年層では、減少していますが、20〜30代で増加しており、若い女性が患うがんの中で最も多いがんです。
これは、子宮頸がん検診を受ける人が非常に少ないからです。定期的に受ければ、がんになる前の段階で見つけることが可能です。
この機会に、対象の方はぜひ子宮頸がん検診をうけましょう。

知っていますか?日本人、の死因の第1位は「がん」です。

がん検診、平成22年度は、年間35万人もの方が「がん」によって命を落としています。
*がんの死亡率を下げる検診*
がんは、主に生活習慣病が原因となり引き起こされます。しかし、生活習慣病の改善を心がけても、がんにかかるリスクをゼロにするこはできません。そこで重要となるのががん検診です。医学の進歩により、がんは現在、約50%の方が”治る”ようになりました。特に進行していない初期の段階で発見し、適切な治療を行うことで非常に高い確率で治癒します。「がん検診は、がんの死亡率を下げるのに非常に効果的です。」

平成29年度久米島町婦人健診

日時 11月11日~14日
場所 イーフ情報プラザ
対象 年度年齢が偶数年齢の方(対象者へは文書にて案内します。)

お問い合わせ

総務課
住所:〒901-3193 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地 (仲里庁舎 2階)
TEL:098-985-7121
FAX:098-985-7080