譜久里武選手 【世界マスターズ陸上】メダル獲得おめでとう

公開日 2018年10月30日

更新日 2018年10月30日

譜久里武選手 【世界マスターズ陸上】メダル獲得おめでとう

譜久里武選手 久米島町長とのツーショット9月にスペインで開催された世界マスターズ陸上2018に出場した譜久里武選手(字山城出身)がM45(45歳)クラス100メートルで銅メダルを獲得しました。また、M45クラス400メートルリレーの第2走者として出場し、見事金メダルを獲得しました。

400メートルリレー決勝では、1走が武井荘選手、2走が譜久里武、3走が佐藤政志選手、アンカー4走が北京オリンピックメダリスト、朝原宣治選手で出場し、記録は43秒77。

譜久里武選手は、10月2日に久米島町長へ報告に訪れ、「久米島の皆さん、特に子供たちへ、良い報告ができてうれしい。リレーでは、世界記録更新に惜しくも届きませんでしたが、新たな目標として、チャレンジしていきます。」と抱負を述べました。

 

リンク

譜久里武のアスリート日記 100m列伝 → こちら 

 9月17日 世界マスターズ陸上 世界一になりました。皆さんありがとうございます。 

 

お問い合わせ

総務課
住所:〒901-3193 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地 (仲里庁舎 2階)
TEL:098-985-7121
FAX:098-985-7080