宮崎駿監督が久米島へ

公開日 2018年12月04日

更新日 2018年12月07日

宮崎駿監督が久米島へ~島の風を感じながら~

仲里庁舎前で記念撮影

笑顔の宮崎駿監督「風の帰る森」プロジェクトの統括であり共通の友人である堀野富洋氏と宮崎駿監督が来島しました。夫人の朱美さんや友人とともに、限りなく青い空にめぐまれ心地良き風と共に、島内各所を見て回りました。

オーハ島沖の古き交易船が沈む場所では、海の底を興味深く見入っていました。

宇江城城跡では、時代における特異の地歩をしめしたであろう城跡で風に乗って異国を見つめているようでした。

この島の空からこぼれおちたような海を堪能したようでした。

今回の来島目的である、銭田森林公園に整備中の「風の帰る森」本館を視察した際は、そこを走り回る子供たちをイメージしているかのようで、とても優しい眼差しで公園全体を見てまわりました。

「沖縄を感じられる風は久米島に吹いている!」と話す宮崎監督が感じたこの風を、私たちの帆でしっかりと受け止めながら針路を定め、みんなで島の未来を拓いていきましょう。

海底遺跡見学 宇江城城跡から東シナ海を望む宮崎駿監督

お問い合わせ

総務課
住所:〒901-3193 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉2870番地 (仲里庁舎 2階)
TEL:098-985-7121
FAX:098-985-7080